2021年07月15日

天気を読む

1626043599929.jpg1626043604557.jpg20210711_103359.jpg

梅雨真っ只中、しかも末期の大雨にヤラレ続け、岩場での講習が中止続きです。

講習が行えないのは残念ですが、私のスクールでは、天候が悪いときに無理して講習を行うことは(当たり前ですが)しません。←無理して行くという現実も少なくはない。

岩場の状態が、雨続きで、それに伴う高湿度、結露している可能性が高い…等、そういう時には当日が晴れでも中止にします。

楽しみにしていても、休みがその日しか無くても、見合わせる勇気、悪条件下で起こりうるリスクの可能性を想像し、考え、正しい判断が出来るクライマーになって貰いたいという思いもあるためです。
雨ならトレーニング!という切り替えが出来ることも大事です(笑)

気圧配置や風向き等、ちょっとした気象学的な部分も説明して、なぜ中止にするのか等をちゃんと説明し、納得して貰えるようにしています。

無理に登ることが良いことではないし、私だったら、時間やお金をかけて、無理して悪条件の中登っても得るものは少ないし、怪我のリスクも高まる。
そしてなにより楽しくないと思うから。

そして、先日の日曜日。
そんな梅雨の末期の時期、とても微妙な天候顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

もう登りたくてたまらん!星人(笑)達が業を煮やしていたうえ、晴れの予報。

予報と、過去の経験値から天気を読み、しっかり登れる可能性の高い地域で、生徒さん達が行く意義を感じられるエリアはどこだ!?と久しぶり持てる知識をフルに使い実施の運びに(笑)

海沿いなら雷雨の可能性は極めて低いこと、気温も内陸より低く風もある…
プラス、参加されるメンバー達がちょうど一日で登れる可能性のあるルートも想像できたので、湯河原での実施となりました。

長い経験値の中から、出来ると判断したわけですが、我ながら見事な采配となり、皆さん成果も出てご満悦だったので嬉しかったです。

もうホンの少し待てば、梅雨も明ける。
でも、このタイミングで岩場を満喫できたのは良かったです\(^o^)/

天気を読むときには、晴れるかどうかだけではなく、風や向き、湿度、エリアの特性を考えること、是非やってみてください。
そういった蓄積は、大きな能力となります。
posted by 管理者 at 09:31| 日記