2021年07月22日

連休は三混みを避けて

20210722_132602.jpg20210722_130509.jpg

この連休初日は、天候がやや不安定になりそうだったので、降雨、発雷確率が高い内陸部や山岳地域は避けたかった。

エリアに着いてすぐに「雨だゲロゲロ〜(涙)」って哀しすぎるからね。

いちにち、目一杯登れるところは何処だろう?と考え「河又があるじゃない!」となりました。

38年、天気と、湿気、染み出しの事を考えないことはなかった(やや大袈裟)、“天気の読みを外さない女”と異名を持つ私としては腕の見せ所である。

さらに連休…エリアの混雑、移動の混雑、お客様の混雑…“三混み”を避けての講習。

河又は、岩も乾いていたし、風もふいていて、この時期にしては想像以上に快適に登れました。

日中のいちばん暑い時間には、鍾乳洞の中に入ってクールダウン(^ω^)

皆さん、それぞれのレベルに合ったルートをトライ。

ムーヴの細かいニュアンス、身体の使い方なども時間をかけて練習したりと、秋からのベストシーズンに向けての種蒔きも出来ました。

どっかの学習塾みたいだけど(笑)夏にいろんなベースを作り上げておくって、なかなか良いんですよ(笑)
posted by 管理者 at 21:50| 日記

連休は三混みを避けて

20210722_132602.jpg20210722_130509.jpg盆暮れ正月、あっ、あとゴールデンウィークも(笑)は、“三混み”(エリアの混雑、移動の混雑、お客様の混雑)を避けて、尚且つ、快適にその日のメンバーが「来て良かった!」と思えるエリアへ。

またまた、天候の読みはバッチグーOK!となりました。

初雷確率の高い内陸、山岳地域を避け、夕方までしっかり登れ、ルートの豊富な河又での講習にしました。

昔から、関東近郊の地域の天候と、その近辺日時の状態の想像は、長年登ってきた経験と気象の知識から外すことは少ないですが、予想以上でした\(^o^)/

岩も乾いていたし、風も吹いていて、この時期にしては申し分ない涼しさの中で、皆さんそれぞれのレベルに合った課題を登りました八分音符

日中の1番気温の高い時間には、鍾乳洞の中に入って、肌寒くなるまでクールダウン(^ω^)したりと、秋からのベストシーズンに向けての種蒔きはしっかり出来ましたね八分音符


「来て良かった」「状態、天候の読み、スゴいですね」と皆さん、新たな発見に「河又好きになりました」とキャラクター(万歳)冥利に尽きる1日でした。

暑い夏、上手く乗り越えるお手伝いが出来て良かったです。
posted by 管理者 at 21:08| 日記